好きを強制されること

好きなアイドルを嫌いになりそうで、なりたくなくて苦しんでいる。周囲には彼らのことが好きなひとがたくさんいるし、そんな環境でネガティブな言葉を並べたくなくてこの記事を書きます。

非常に身勝手な苦しみで、その原因は自分の中にある過度な期待だとか変わってほしくないとか、そういう気持ちが少しだけど影響しているのであまり大きな声では言えない。今の彼らが好きなひともたくさんいるわけだし、わたしが少し引いてしまった歌詞にも良いという意見がたくさんあるわけだし。

きちんと追いかけなくなったのはこの間のカムバ時期が(個人的に)悪くNU'ESTの101出演とかぶっていたから、その時期の自分が恋愛でなく泣かないの歌詞に全然惹かれなかったのと曲調が単純に好みじゃなかったから。そこからなんとなくソウルコンがあって、そこで推しユニの新曲が公開されていたらしい、Soundcloudにアップしたよ~と公式からのお知らせが来るまで全然知らなかった。

わたしみたいな1人の身勝手なファンが好きか苦手かなんて誰にも影響を与えないだろうし、他のファンからしたら「そう、それで?」で終わる話だから、今こんなことが書けている。好きなひとは、ここで読むのをやめて今までの通り好きでいてください。

ヒップホップは分からないけど、とりあえず彼らの出す曲は肯定しようと好きでいたい・いるんだろうと思っていた。とりあえず聴いた、全然ぴんと来なかった。まあまあ、と気を取り直して歌詞の和訳を読んだ。

正直こんな歌詞書いて炎上したりしない?と思ってしまった。周りのひとが「どんどんラップの上手なアイドルが増えてきているのに、ラップを消去法で選んだ子たちはどうするんだろう」みたいなことを言っていて、その通りどうするんだろうと思った。声は好きだけど、天才的なものがあって特別上手かと言われたらそんなことはなく、本当に努力の才能の結果なのだろうという推し(含むメンバー)のラップ。

アイドルグループのラップ担当とラッパーの境目がわたしにはよく分からないまま、韓国の音楽に触れている。それでも、NCTとしてアイドル活動を行いながら高等ラッパーに出演していたマークを見れば、アイドルラッパーという肩書にはデメリットも多いことがよく分かる。

wp.me

けれど、ファンダムや盲目的な、全肯定的なファンのおかげで一定の支持を得るのが容易なのもまたアイドルグループのラップ担当の特徴なのではないかとわたしは考えている。歌詞を読んで、そういった下駄を履いて周囲と並んでいると彼らは気付いているのだろうかと疑問に思ってしまった。身もふたもない言い方をしてしまえば、金とか名声とかの話をアイドルがするのが嫌だったし、きみたちはそんな大口を叩くほどラップ担当が実力派として知名度を得ているグループではないだろうと冷静に思った。そんなことを考えるようになるまで韓国の音楽に触れなきゃよかった、色んな記事を読まなければよかったと何でも深く考えて知ろうとする癖のある自分が嫌で悲しくなってしまった。

ファンの集合体では、その内部にいれば絶対に安全で安心、盲目的に好きと言って盛り上がっていられる。それでも、ひとたび自分がそれに苦手意識だったり冷静に引いてしまったりするとその内部にいることが苦痛になる。今回分かった。予約していたCDが届いたというツイートも、トレカの交換ツイートも全部自分のこの世で一番嫌いな同調圧力と、好きで居続けることへの強制に感じられてしまった。強制や義務だと感じたらもうその趣味は止め時だとよく言うけどその通りです。わたしは周囲のひとに嫌われたくないがためにTwitterでネガティブな発言をしまいと心がけていたけれど、Twitterでしかアイドルの話を吐き出せないからその我慢・好きなひとへの配慮も苦痛だった。結局最新のCDも買っていないし、このままオタクやめるのかもしれない。アイドルはたくさんいるし、他に好きなひともグループもできた。それでも初めて韓国のアイドルを好きになって、衝撃を受けて笑って泣いて、色んなひとと知り合う機会や自分が変わる機会を与えてくれたグループであることに変わりはない。今すぐ降りるのかと問われたらまだFC会員だし…とか妙にリアルなお金の話を考えたり、まだ自分が好きと言える姿を見せてくれるのかもしれないなどとうじうじしてしまう。少しお休みして今楽しいと思えるものに触れていようと思います。